研究の勧め

近年は研究をしようとする若い医師が減少しています。医師のアルバイトも同様のことが言えるかもしれませんね。この状況は、多くの医局で研究者が足りずに困っているということを意味します。大学院では、研究員が十分にいるのは旧帝大など大きな大学に限られており、他の大学では医局員の確保すらままならない状況で、研究員の確保まで手が回っていません。新臨床研修制度の開始以前は、大学医局にたくさんの医師が在籍していたため、大学で研究する医師もたくさんいました。しかし現在は、一部の人気のある医局を除き人手不足となり、医局は研究をしてくれる医師を大切にしだてなくてはならなくなりました。さらに、研究職のポストも空きが増えて以前より研究職に就きやすくなっています。研究をする医師が希少な現在の時流を考えると、今後しばらくは研究能力がある医師が希少価値になるでしょう。しかし、医療の進歩に研究は不可欠であるため、研究自体が医師の世界から不要とされることは絶対にありません。

一流の医師は必ず研究マインドをもっています。近い将来、研究の大切さが再認識され、研究者志望の医師が増える可能性もあります。そうなると、研究ポストに就くのは狭き門になってしまいます。そのため、若い医師にとっては大学院に入り研究を始めるなら今がチャンスと言えます。医師のアルバイトとして働いている人の中には、研究に興味を持つ方もいるでしょう。そういう方は、一度研究について考えてみてはいかがでしょうか。